痴漢・盗撮・露出のご相談

Freedom-Supportでは、痴漢や盗撮・露出を、やめたいやめさせたいという、ご相談者様のカウンセリ

 

ングを強化しながら行っております。痴漢・盗撮・露出をやめるためには、カウンセリングを最後まで受け

 

きる事が大切です。 


ストレスケアと性への衝動改善が重要

痴漢・盗撮・露出という問題ある行動を犯さないために、まずストレスケアが必要です。このような方は、

自分がストレスを抱えているという自覚があまりないので気づかないうちに蓄積しています。

 

Freedom-Supportでは、ストレスの自覚を促したり、ストレスを感じにくいのはなぜかという事を一緒に

考えていきます。と、同時に、ストレスが蓄積すると、なぜ痴漢・盗撮を行うのかという事をお話ししてい

きます。

 

犯罪問題の深刻な点は、警察に捕まってもまたストレスが蓄積され同じ過ちを繰り返してしまう点です。そ

れだけに、出来るだけ早く改善しないと家庭も仕事も失ってしまう恐れもあります。 

しかし、すべての方がストレスを抱えているからといって痴漢・盗撮・露出をするわけではありません。性

的な犯罪行動に至る原因には、その人自身の性癖が少なからず関係しています。男性の場合、個人差はあり

ますが、性欲は10歳前後から20歳になる少し前までに一気に高まります。そして、性癖は、この頃にあ

る程度形成されてしまうのです。

 

痴漢・盗撮・露出を繰り返してしまうという方の中には、痴漢・盗撮・露出に関する動画や関連ビデオなど

をよく見ているという傾向もあります。さらには、出会い系サイトのチャットや掲示板などを見ているとい

う統計も出ています。そして、自分自身の中に勝手に痴漢・盗撮・露出といった行動のイメージを抱いて実

際の行動に移し、その行動を継続すればするほど、人にばれずにできるというイメージも強化されて常習化

してしまうのです。

 

ご本人の性格の問題や性癖症状によって異なりますが、カウンセリングは1ヶ月~4ヶ月ほど、お受けにな

られることをお勧めしております。

 

心の成長とその歴史(自分史)

痴漢・盗撮・露出をする人は、ご自身の欲求や衝動の認識が薄く、衝動心を行動化してしまいそうになった

時にそれを制御する抑制力が弱いということが言えます。

これを「内省力」といいます。その内省力と抑制力が弱い人には共通するものがあります。

それは親子関係で、幼少期の体験に類似するところが多いのです。

 

 ・父親が厳しすぎた

 ・両親のいずれかがアルコール依存や買い物依存である

 ・母親が過保護か過干渉である

 ・家族間での関心が薄い

 ・我慢させられて育った

 

事実、痴漢・盗撮・露出をしてしまう人は、上記のような特徴が該当している人が多いのです。

 

 

性犯罪行為は依存症も原因

カウンセリングを受けている方の半数以上は、”性犯罪を繰り返して、やっとカウンセリングを受けた”とい

う人が多いです。逮捕されてしまったら、反省や公開で二度としないと決意して受講するのですが、時間

が経つとともに繰り返してしまう人が非常に多いのが、痴漢・盗撮・露出などの問題行為の特徴でもありま

す。

欲求を満たす行為は、繰り返しているうちに脳の中の依存性を定着させてしまい、その欲求は繰り返すほど

強くなります。そのため、警察に捕まる罰金刑や刑務所に行く可能性があるとわかっていても繰り返して

しまうがいるのです。

痴漢・盗撮・露出行為がやめられない、家族にそのような人がいるという場合は、専門的なノウハウを持っ

ているカウンセラーがいるFreedom-Supportに相談してみてください。 

 

カウンセリングで改善出来る人

痴漢・盗撮・露出などの問題行為を改善するには、カウンセリングを受けることが必要です。

禁止行為をしてしまう人は、社会的な制裁や家庭の崩壊があったり、仕事の喪失が予測できているのにして

しまうので、自分の意思だけで行動を改善していくことは非常に難しいのです。

 

カウンセリングで痴漢・盗撮・露出などの問題行為が改善できる人の特徴は、

 

 ・自分の意志でカウンセリングを継続している。

 ・カウンセリングで事実を語っている。

 ・自分から会話しようとしている。

 ・行為をやめるという話から、周りの人

 ・自分の未来について真剣に考えるようになる。

 

逆に、カウンセリングを受けても改善しない人の特徴は、

 

 ・あるタイミング(裁判結果が出たなど)からカウンセリングに来なくなる。

 ・カウンセリングでウソを言っている。

 ・自分から会話しようとしない。

 ・行為を他人事のように話す。

 

 

男性の性癖形成

男性が女性に関心を持ち始めるのは、およそ10歳前後と言われていますが、まだ精が十分に作られる体

ではないため、女性に関心を持っていても体の発育という点では、子孫を残すという役割を担うには不十分

な段階です。

その時期の深層心理には女性に関心を持ち始めたものの、「子孫を残すパートナーになれないという意識

があるため、現実的にも性的な関心や欲求を満たすのは実際の女性ではなく写真や下着などの方になるので

その感覚は、ある程度年齢が成長しても男性の意識の根底に残り続け、勃起不安を多少なりとも抱き、女性

とセックスをすることに緊張し、プレッシャーをも感じます。

男性にはこのような考え方や感覚があり、画像や映像などで性欲を満たす習の中で性癖が形成されていき

ます。

特に、成人するまでの性に関して、ご自身にとって特別な出来事があれば性癖もより特殊なものになってい

く可能性もあるのです。
もちろん、性癖だけで性犯罪につながる「単純」なものではありませんが、性欲を満たすために罪行為を行って成功してしまうと、『バレない』、『捕まらない』という勘違いで継続しやすくなります。そして、

何度も成功してしまうと、継続していた回数や機関に比例して依存性」も強くなり、改善にも時間がかか

ります。

自分の衝動や行為に自覚することも、再犯を防止する上で大切なことであり、専門的に話をしていくために

も、経験豊富なカウンセラーのいるFreedom-Supportにお任せください。 

 

犯罪はコミュニケーション不足も原因のひとつ

痴漢・盗撮・露出行為をする方には、「女性とのコミュニケーション」という点において共通点がありま

す。

それは、思春期に女性とコミュニケーションをとる機会が少なく女性の思っていることや考えている

とを知る機会が少なかったということや、青年期にコミュニケーションを重ねる中で恋愛に至りそこから

セックスに発展する体験が少ないです。

妄想や映像・画像などで性欲を満たしてきたため、セックスはコミュニケーションの一つだということを

体験として知る機会が少なかったことや、女性の気持ちを考えてあげる、受け止めてあげるという体験が

少なかったことが、女性の気持ちを無視した一方的な行為である痴漢・盗撮・露出と関係してきます。

カウンセリングでは、その点も指摘して痴漢・盗撮・露出という行為の問題点を自覚していただきます。

ご自身の衝動や行為を自覚してもらうことが、再犯を防止する上で大切なことであり専門的に話してい

くには経験豊富なカウンセラーのいるFreedom-Supportにお任せください。 

 

自己判断はしないこと

 Freedom-Supportで対応しているご相談でその「卒業」(終了)は、ご相談者様の基準で決めた方がいい

ものと、カウンセラーの基準で決めるものに分かれます

 

痴漢・盗撮・露出などの問題行動を改善するためのご相談に関しては、カウンセラーの基準で決めた方がい

いご相談です。それは、ほとんどの方が「一定期間問題行動が継続していなければ、大丈夫だと勘違いし

てしまうからです。

一度捕まった人が、カウンセリングに通わなくても「数年間問題行動」をしないにもかかわらず、突然再発

たというケースも少なくないのです。

痴漢・盗撮・露出などの問題行為は、一定期間その行為が止まっていても、「依存的思考」が改善されてい

なければ、再度行ってしまう可能性が高いのです。

事実、初めてFreedom-Supportに来られるご相談者様の中には、数年にわたり2~3度その行為を繰り返し

た後、来られる方が半数以上です。

行動を抑えることも大事ですが、その期間に「依存症(依存的思考)」を改善しなければなりません。

「依存的思考」の改善に時間がかかる為、カウンセリングを最後まで受けきることが大切なのです。

 

自身の衝動や行為を自覚してもらうことが、再犯を防止する上で大切なことであり、専門的に話していく

には経験豊富なカウンセラーのいるFreedom-Supportにお任せください。 

 

改善は素直さが大切です

痴漢・盗撮・露出のカウンセリングの頻度などの難しさはありますが、そのような理性的な問題行動を繰り

返し起こさないためにもカウンセリングを継続することが大切です。

ご自身の意思を過信してしまうために改善するペースが遅く、カウンセリングが継続出来ない場合もありま

す。

「依存症」は、ご自身の衝動です。

自分は依存症に対して無力だということを認識しない方ほど改善が出来ません。

素直・謙虚な気持ちでカウンセリングを受けておられる方は、早いうちに改善の兆しが見えはじめ生活の様

子も変わってきます。

 

自身の衝動や行為を自覚してもらうことが、再犯を防止する上で大切なことであり、専門的に話していく

には経験豊富なカウンセラーのいるFreedom-Supportにお任せください。 

 

改善がみられない人の口癖

改善が見られない人に限って、必ず言う言葉があります。

 

「捕まって(みつかって)反省したし、後悔もしたので二度としない自信がある」

 

痴漢・盗撮・露出をして、警察に捕まったり、家族や恋人に知られても、後悔するだけで反省などしていま

せん。

 

理由は、

 1.痴漢・盗撮・露出といった行為が習慣化しているのは依存症も原因であり、依存症の特徴が、「自分

   の問題点を認めない」ことで、その人の考え方が「依存的」であるという点です。認めないことを否

   認とも呼びますが、カウンセリングに来る前と受けるようになってから、いずれも否認の心理が強い

   のは、 カウンセラーから見て安心出来ない状態なのです。

 

   依存的な考え方の人は、根拠のない自信や可能性を言葉に出し、過大自己評価します。本当の意味

   自信を持てるようにならなければ、改善出来ません。

 

 2.【反省】というのは非常に理性的な考え方であり、行為を深く分析し迷惑をかけた人のことを深く思

   うこと、その上でその思考が行動に反映されるということなので、簡単ではありません。さらに反省

   というのは理性的なものなので、

   痴漢・盗撮・露出そのものの衝動は抑えることが出来ず、それは反省だけで止められるものではあり

   ません。

   痴漢・盗撮・露出は、反省や後悔だけで、簡単に改善できるものではありませ一日も早く経験豊

   富なカウンセラーのいるFreedom-Supportで、改善を目指して頂きたい思います。 

 

痴漢・盗撮・露出などの性犯罪カウンセリングは。

専門のカウンセラーのいる、

 

    Freedom-Support (フリーダム・サポート)

 

にお任せください。

Copyright (c)2016 Freedom-Support All Rights Reserved.